組子とは、釘などを使わずに、切り込みや「ほぞ」を入れた細かい板を手作業で組み合わせて、緻密な幾何学的紋様を作り上げる伝統技法のことで、その紋様は200種類以上あると言われています。

歴史も古く、飛鳥時代の建築物にも用いられています。

この組子細工は、和室の障子や欄間等に用いられてきましたが、現在では、和風・洋風問わず、住宅やお部屋のワンポイント・アクセントとして、屏風や戸、デザインドア、行燈等、様々な形で取り入れられてきています。