日本の伝統技術である「組子細工」

組子細工には、幾何学模様が200種類以上あると言われています現在では「和」の域を越え、様々な形で取り入れられてきています。